【ジャンプの次期看板候補】呪術廻戦のキャラ紹介(随時更新)

こんにちは!管理人の南米です。

前回は2020年10月にアニメの放映が決定した

「呪術廻戦」のあらすじをまとめました。(あらすじは画像をクリック)

 

前回の記事を見たうえで、今回の記事を見ていただければ、

「呪術廻戦」に登場するキャラクターがわかります。

 

「呪術廻戦」主要人物

 

①虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)

f:id:klown0:20200607022523p:plain

引用:呪術廻戦 1話

呪術廻戦の主人公杉沢第三高校に通う高校1年生。(現在は呪術高専1年生)

オカルトサークル所属。身長:173cm。

もともと両親がおらず、祖父によって育てられた。

両親がいない理由は現時点で不明。

生まれつき、類稀な運動神経を持っている。

 

学校で偶然見つけた両面宿儺(りょうめんすくな)という

1000年以上昔に封印されたバケモノの指を拾ったことで、

伏黒恵という呪術師の少年と出会う。

 

この拾った宿儺の指に引き寄せられ、

集まってしまった呪霊にサークルの先輩が襲われてしまう。

先輩を助けようと持ち前の身体能力を発揮するが、

呪いを祓うには、自身も呪いの力を得ることが必要であったため、

虎杖は宿儺の指を口から体内に取り込んでしまう。

 

宿儺は受肉を果たし、一時は身体を乗っ取られてしまうが、

1000年に1人の宿儺の器であった虎杖は自我を取り戻した。

 

何とか先輩を助けることができたが、

宿儺を取り込んだ虎杖は呪術規定により死刑を宣告される。

しかし、五条悟(虎杖の師になる人物)の

「すべての指を取り込んでから死刑にすればいい」

という提案により、死刑は執行猶予となった。

これから、虎杖は呪術の世界へと足を踏み入れる。

 

 ②伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)

f:id:klown0:20200607021354p:plain

引用:呪術廻戦 1話

呪術高専東京校1年生。  身長:175cm

1年生にして2級呪術師という天才。

禪院家という呪術師の名門一族の分家出身。

両面宿儺の指を探して、杉沢第三高校に潜入した際に主人公・虎杖と出会う。

主な戦闘方法は、犬やカエルといった動物を具現化した式神を使役し、戦う。

両面宿儺が一目を置くほどの潜在能力(とっておきの式神?)をもっている描写があるが、

どういった能力なのかは現時点で不明。

ただ、すでに未完成ではあるが、領域展開を会得していることから

ずば抜けた才能の持ち主であることがわかる。

 

③釘崎 野薔薇(くぎさき のばら)

引用:呪術廻戦 5話

呪術高専東京校1年生。  身長160cmほど。

地方出身で東京に対して強い憧れがあり、呪術高専東京校に転校した。

主な戦闘方法は、藁人形と金槌を使って敵に釘を飛ばして攻撃するほか、
敵の一部を手に入れ、藁人形に組み込み、その藁人形に釘を打ち込むことで
相手にダメージを与えることができる。
中・遠距離の攻撃方法がメインのため、近接戦闘は苦手。
高飛車な性格だが、弱者は必ず助けるという優しい一面もある。

④五条 悟(ごじょう さとる)

 

引用:呪術廻戦 1話

呪術高専東京校の教師。

呪術師の中でも4人しか存在しない『特級呪術師』。身長190cm以上。

呪術師の名門である五条家の出身。

自他ともに最強であると認めており、これは敵も例外ではない。

現在登場している敵は五条を倒すことは諦め、封印することに集中している。

 

五条の強さは『無下限呪術』という術式にある。

 

これは原子レベルに干渉する術式で、

相手の体や攻撃が五条の身体に触れようとする際に遅くなる。

正式には相手と自分との間に無限が生まれ、

相手の攻撃はその無限の中にいることになるらしい。

 

また、術式順転『蒼』術式反転『赫』虚式『茈』という技があり、

『蒼』収束する力(ブラックホールのようなイメージ)

『赫』放出する力(対象物を弾き飛ばす)

『茈』蒼と赫の複合術で、対象物までにあるもの全てを抉り飛ばす。

この無下限呪術を極めることができたのは、六眼をもって生まれたためである。

六眼とは術式の情報を見ることができる目のことを表す。

これから先、対等な敵が現れるかもしれないが、現時点では無双状態だ。

 

⑤七海 建人(ななみ けんと)

引用:呪術廻戦 19話 呪術廻戦11巻 表紙

呪術高専出身の一級呪術師。 身長184cmほど。 通称:ななみん(虎杖のみ使う)

定時で上がることをポリシーとしており、残業をとても嫌う。

一度は呪術師を引退し、サラリーマン(証券会社)をしていた。

呪術師に出戻った理由は

「一般企業で働き気づいたことは、労働はクソということです。

同じクソなら適性のある方を。」

としている。

 

上記画像のような言い回し(ブラックユーモア)の言葉をよく使う。

 

主な戦闘方法は、鉈のような武器に呪符を巻き付けたものを使った近接戦闘。

恐らく時間による縛りをしており、残業時間になると呪力量が飛躍する。

領域展開の会得には至っていないが、

黒閃(クリティカルヒットのようなもの)の連続発生記録保持者である。(4連続)

最新情報をチェックしよう!

漫画・アニメの最新記事8件