おしゃれキャンプの始め方

管理人の南米です。

今回はおしゃれなキャンプを始めたいけど、

何から道具を揃えればいいか分からないという人に向けた記事になります。

何を買えば良いか分からない人は、このギアを買えば大丈夫です!

 

 

テント

snow peak アメニティードームS(1~2人用)

引用:snow peak 公式サイト

このアメニティードームをおすすめする理由は以下の4つです。

おすすめするポイント
・組み立てが簡単
・高品質な材料を採用しているため、軽量かつ耐風性◎
・耐風性、防水性がしっかりしている
・コンパクトで収納が早く、家で干すのも簡単

 

◆組み立てが簡単

キャンプを始めるにあたって、一番の不安『組み立て』

このアメニティードームは、僕が一番最初に買ったテントなのですが、

その時でだいたい15分くらいで全部組み立てることができました。

なぜそんなに簡単かというと、フレームとテント生地に色がついており、

緑と緑、黄色と黄色といった感じでこのフレームはここに通しますよと

直感的に組み立てれるようになっています。

 

◆高品質な材料を採用しているため、軽量かつ耐久性◎

フレームの素材にジュラルミンを採用しているため、耐久性と軽さを両立しています。

初めてキャンプをしたときに、暴風と大雨に襲われたのですが、

風で大きく揺れることもなく、雨も全く染みることがありませんでした。

最初は不安でしたが、安心したのかいつの間にか寝てましたね(笑)

恐らく普通のキャンプ場でこのテントが飛んだり、壊れたりすることはないと思います。

 

◆耐風性、防水性がしっかりしている

引用:snow peak 公式サイト

このテントはテントの背を低くすることで抜群の耐風性を備えています。

その構造は上の図のようにシルエットの丸みを持つ部分を多くして

風がテントの上を通っていくように設計しています。

ただ、それが故に『テントは寝るスペース』と考える方には特におすすめテントですが、

背の低さが苦手な人、テントの中でも色々したいという人は他を検討されても良いかと思います。

 

◆コンパクトで収納が早く、家で干すのも楽

組み立てが楽であるだけでなく、収納も15分ほど終わります。

また、収納時の大きさは下の画像くらいで、だいたい手の先から肘の先までの横幅です。

そして、個人的にキャンプで実は一番面倒くさいのではないかと思うのが、

テントを干す作業なんですが、これもテントがコンパクトなおかげで場所を

大きくとらないため、比較的簡単にできます。

マンションに住まれている方などは、そういった面からもテントの大きさ選びは重要です。

 

 

 

チェア

ヘリノックス チェアホーム

引用:ヘリノックス 公式サイト

このチェアをおすすめする理由は以下の3つです。

おすすめするポイント
・コンパクトかつ軽量で丈夫(携帯性)
・包んでくれるような座り心地(機能性)
・あらゆるテントにマッチする見た目(デザイン性)

 

◆コンパクトかつ軽量で丈夫

ヘリノックスのチェアは超軽量アルミニウム合金を採用することで、

『総重量:1100g

子供でも持ち上げることが可能。

『耐荷重:145kg

成人男性でも不安なく座ることが可能。

『収納時の大きさ:14cm×35cm

トイレットペーパー2.5個分くらいの大きさです(体感)

キャンプで使用するにあたり、

個人的に必要だと思う3つの要素を備えています。

車で行く場合も、ギアが増えてくると荷物がかさばるので、このコンパクトさは非常に重宝します。

 

◆包んでくれるような座り心地

丈夫でしなやかな生地を採用しているため、

両サイドから包み込まれるように座ることができる。

背もたれに深くかけても安定感があるのも高評価。

 

◆あらゆるテントにマッチする見た目

f:id:klown0:20200609001719j:plain

写真は私が使っているヘリノックスです。

赤色は少し派手かなと思いましたが、

モダンな見た目と赤が差し色になることで

どのテントの横に置いても浮くことがありません。

雰囲気を大事にしたいキャンプにおいて、

これは結構重要だと思います。

ヘリノックスはカラーバリエーションが豊富なことも

良い点ですので、必ず自分のスタイルに合ったチェアが見つかるでしょう。

 

 

 

焚火台

ユニフレーム ファイアグリル

引用:ユニフレーム 公式サイト

この焚き火台をおすすめする理由は、以下の3つです。

おすすめするポイント
・高品質で低価格
・1台で焚き火からバーベキュー、ダッチオーブンでの調理が可能
・組み立てと片付けが簡単

 

◆高品質で低価格

ファイアグリルを販売しているユニフレームは、金物の街で有名な新潟・燕三条の会社。

素材はステンレスを採用しており、ダッチオーブンの重さに耐えれる強度と熱による変形を

防ぐ工夫が施されています。

そのため、非常に長く使うことができ、使えば使うほど味が出てくる一品です。

また、価格は7,500円という価格設定で初心者から上級者まで幅広く使われています。

 

◆1台で焚き火からバーベキュー、ダッチオーブンでの調理が可能

標準の焼き網を使って、バーベキューができるほか、

別売りのヘビーロストルを使えばダッチオーブンを使った料理も可能です。

そして、網を外せば焚き火台になり、

ご飯が終わればみんなで火を囲みながらコーヒーで一服できます。

引用:ユニフレーム 公式サイト

 

◆組み立てと片付けが簡単

引用:ユニフレーム 公式サイト

炉の中にスタンドと焼き網、ロストルのすべてのパーツを収納することが可能です。

そのため、持ち運びや車に積み込む際に場所をとることがありません。

専用の収納袋は別売りですので、買うことをおすすめします。

 

 

 

テーブル

コールマン ファイアープレイステーブル

引用:コールマン 公式サイト

このテーブルをおすすめする理由は、以下の2つです。

 

おすすめするポイント
・低価格で耐久性◎
・使い方を変えることができる
 
 

◆低価格で耐久性◎

材料はオールステレンスでできており、錆びることがありません。
また、木材のテーブルだとかなり取りづらい油汚れなどもステンレス製のテーブルのため、
ウェットティッシュなどでサッと拭くだけで奇麗になります。
価格もサイトによりますが、12,000円ほどと手の届く範囲の価格設定です。
 
 

◆使い方を変えることができる

このテーブルは脚付きの天板2組、足のない天板2組を組み合わせることで
囲炉裏テーブルになるのですが、足のある天板だけをつかえば独立したテーブルを2つ作ることができます。
2人だけのキャンプの場合は、足のある天板だけを使って、
足のない方は閉まっておくことで、片付けや掃除をする手間が一つ省けるのは非常に良い点です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャンプ道具は一から揃えるとなると、それなりにお金がかかります。

ですが、そこで変に安い物に手を出すと、

『やっぱりもう少し良いものを買えば良かったな・・』となるため、

どうせ始めるなら初めから良いものを とお勧めしたいです。

やはり、高くても評価されているものには、それだけの理由があります。

価格だけでキャンプ用品を選ばれずに、使用されている方のブログなどを参考に検討していただけると幸いです。では!

最新情報をチェックしよう!